Menu

インプラント症例/Q&A

Home

インプラント症例/Q&A


野村歯科では、口腔外科手術に対応可能な手術室がございます。

こちらのページでは、当院で施術させていただいたインプラントの症例のご紹介や、
インプラントでよくあるご質問への回答などをさせていただいております。

全身麻酔も可能な設備もあり、口腔外科専門医が手術させていただきます。
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にご来院、ご相談ください。

外傷にて前歯1本を失った例

上記症例のレントゲン写真

外傷で前歯1本を失った例

前歯の部分に埋め込まれていることが確認出来ます。

施術後の上顎写真

外傷で前歯1本を失った例 2

外傷が原因の場合、障害保険が適応されることがあります。

施術後の上顎写真

外傷で前歯1本を失った例 3

違和感のない自然な状態です。

下の奥歯2本を失った例

上記症例のレントゲン写真

下の奥歯2本を失った例

奥歯の部分に2本埋め込みを行いました。

施術後の上顎写真

下の奥歯2本を失った例 1

虫歯が多い箇所のため、最もよくみられる症例です。

上顎の歯が全て失われた例

上記症例のレントゲン写真

上顎の歯が全て失われた例

上顎部分に7本のインプラントを埋め込んでいます。

施術後の上顎写真

上顎の歯が全て失われた例 2

7本のインプラントに人工の歯12本(上部構造)がねじ止めされています。

施術後の正面写真

上顎の歯が全て失われた例 3

メンテナンスの際にはねじを緩めて上部構造をはずすことができ、インプラントの状態を直接チェックできます。
また、歯が割れたり、壊れたりした際にもはずして修理することが可能です。

上顎の入れ歯をインプラントの上につけた磁石にて固定した例

上記症例のレントゲン写真

上顎の入れ歯をインプラントの上につけた磁石にて固定した例

インプラントの先端部分に磁石を取り付けています。

施術後の上顎写真

上顎の入れ歯をインプラントの上につけた磁石にて固定した例 2

入れ歯の口蓋の部分を無くすことができ、異物感を少なくすることができます。

施術後の正面写真

上顎の入れ歯をインプラントの上につけた磁石にて固定した例 3

磁石の土台の部分。着脱が容易にでき、お手入れも簡単です。

下顎の入れ歯をインプラントにクリップで固定した例

上記症例のレントゲン写真

下顎の入れ歯をインプラントにクリップで固定した例

3本のアバットメントに歯を取り付けて固定するようにしています。

施術後の正面写真

下顎の入れ歯をインプラントにクリップで固定した例 2

下顎の総入れ歯は安定しないことがよくありますが、この方法を用いると下顎にしっかりと固定され、よく噛むことができるようになります。

入れ歯上部写真

下顎の入れ歯をインプラントにクリップで固定した例 3

違和感を感じないよう、個人個人の歯に合わせた形で作製いたします。

入れ歯歯ぐき側写真

下顎の入れ歯をインプラントにクリップで固定した例 4

上部3点のクリップにて、下顎に固定します。

Q&A

インプラントの治療期間はどのくらいになりますか?

インプラント治療は、骨の内に埋め込む手術を行ってから、数カ月間の安静期間を必要とします。
インプラントの方法にもよりますが、大体の目安として、約6ヶ月から12ヶ月となります。

骨が少なく、インプラントができないと言われたのですが・・・

当院ではインプラント不可能といわれた症例に関しても、各種の骨造成法を用いて対応しております。
お悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。